「あなたの腰は治りません」と医者に断言された72歳の女性が聖体・カイロプラクティック・医者の力に頼らないで2週間の短期間で、腰痛を克服した方法は、

腰痛解体新書

運動による腰痛予防法2

運動による腰痛予防法2】
 ・体の前屈
 これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになる。できる範囲での前屈で良いが、膝は曲げないこと。

 ・背筋・伝筋のストレッチ
 仰向けの状態から、片足のひざを抱え、胸にひきつける。それを左右交互にする。
 次は、両手で両膝を抱え、できるだけ胸に引き付ける。引き付けは無理のない範囲で。

 ・腹筋訓練
 上半身を起こす運動だが膝を曲げて行うのがポイント。足先を固定しても構わない。
 腰痛のある人は上半身を起こす運動は、腰への負担が大きいため、頭を持ち上げるだけにする。

 ・背筋の強化運動
  うつ伏せから上半身を起こして胸を反らせる。既に腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにする。
 腰痛の状況にもよりますが、うつぶせになった状態から、少しひじを立て、首を挙げて、数分間維持する姿勢も、背筋のトレーニングになる

腰痛は、ひとつの原因でなるというよりも、複数の原因で、起こることが多いのです。日ごろの運動・生活で、そのひとつでも軽減できれば腰痛は軽減で来ますよ。

この文章は、インターネットのフリーの百科事典ウィキベティアから腰痛と検索し、一部引用しています。

運動による腰痛予防法1

運動による腰痛予防法1】

腰痛の原因のひとつとして、筋肉が原因のものがあります。

筋肉が原因の緊張性腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えればよい。

長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましい。

腰痛は、ひとつの原因でなるというよりも、複数の原因で、起こることが多いのです。日ごろの運動・生活で、そのひとつでも軽減できれば腰痛は軽減で来ますよ。

この文章は、インターネットのフリーの百科事典ウィキベティアから腰痛と検索し、一部引用しています。

急な腰痛への対処

急な腰痛への対処

ぎっくり腰のような、

急に激しい痛みがきたときの対処法として、
最初に患部を冷やすことが肝心である。

これは、急激に痛みの物質が患部にでてくることを抑える為である。

次に、痛みが楽な姿勢を取る。

大抵は痛みが強い時は、仰向けにはなることができないことがおおい。

横向きの姿勢で膝を曲げた状態(えび型の姿勢)で腰痛の痛みをやり過ごす。

その後、急性期が過ぎたら、滞った血液の流れを良くするため患部を温めるようにする。

以上の方法でも痛みが継続するようであれば病院で診察してもらうこと。

腰痛には、例えば終板障害のように民間療法では治せない重大な症状が潜んでいることもあり、神経を圧迫する腰痛の場合は痛み以外に痺れが伴うため、しびれを自覚するようであれば、すぐに、整形外科で診察を受けること

腰痛は慢性化させないように普段から心掛けておくことが大切であり、生活習慣を分析し原因を遠ざけ、改善することが必要である。

腰痛がおきやすい生活をしている人は、改善できるところがあれば、改善してみてください。
腰痛は、ひとつの原因でなるというよりも、複数の原因で、起こることが多いのです。そのひとつでも軽減できれば腰痛は軽減で来ますよ。

この文章は、インターネットのフリーの百科事典ウィキベティアから腰痛と検索し、一部引用しています。

腰痛の起こりやすい生活習慣



腰痛の起きやすい生活習慣

□同じ姿勢を取る時間が長い

□一日のうち長時間(2〜3時間)運転する

□一日のうち座っている時間が長い

□脚を組んで椅子に座るクセがある

□姿勢が悪く片方の肩だけが肩コリがする

□足に合わない靴を無理をして履いている

□運動不足である (腹筋が弱すぎる、腹筋に比べて背筋が弱い)
などが考えられる。

と書いてあります。

上に挙げたげたような日ごろの生活習慣で、腰痛がおきやすい生活をしている人は、改善できるところがあれば、改善してみてください。
腰痛は、ひとつの原因でなるというよりも、複数の原因で、起こることが多いのです。そのひとつでも軽減できれば腰痛は軽減で来ますよ。

この箇所は、インターネットのフリーの百科事典ウィキベティアから腰痛と検索し、引用しています。。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。